THE ANDERSON'S-FILES

FileNo.16 【読書レビュー】「空腹」こそ最強のクスリを読んでみた感想

こんにちは、アンダーソンです。

今回は読書レビューです。

「空腹」こそ最強のクスリ

「空腹」こそ最強のクスリ

医学博士である、青木厚さんという方が著者なんですが、
実際にクリニックをされていて、様々な患者さんと話をしたり、
ノーベル賞を受賞した研究対象「オートファジー」について詳しく書かれています。

本自体はものすごく字が大きく、文字数も少ないためさくっと読めてしまう1冊です。

ですが、内容は非常に濃く、空腹の重要性をしっかり感じさせられる内容になっています。

ではこの本を読んでみた感想を書いていこうと思います。

現代人は食べ過ぎである

先日から、読み進めている

こちらの本にも同じようなことが書いていましたが、
とかく、現代人は糖分や脂質を摂取しすぎで、
昔の人間と比べるとかなり弱い人間になってしまっているということでした。

今回の書籍でも、

  • 1日3食は食べ過ぎの原因になる
  • 1日の摂取カロリー目安はそもそも高すぎる

などなるほど、と思わせてくれることが書いていました。

とにかく現代人は裕福になってしまったが故に、食べすぎており、
それが肥満や、糖尿病、その他の病気を引き起こす原因となっている可能性が高いとのことでした。

食べ過ぎが原因で、内臓は365日24時間働き詰めで、体は実は休まっていない。

なかなか内臓のことまで考えは及びにくいですが、
食後に、

  • 倦怠感
  • ひどい眠気

などがあれば、要注意なのだそうです。

空腹状態が『オートファジー』を生み出す

この本で何度も言われているのが、

『オートファジー

という言葉です。

先ほども書いたように、人間の内臓はずっと動いています。
ほぼ休みなしです。
ほとんどの人がブラック企業・株式会社体内の経営者です。

会社の社員にも休息が必要なように
内臓にも休ませる時間を作ってあげようというのがこの本のタイトルである

「空腹」こそ最強のクスリ

なのです。

人間は何も食べない時間が続くと、
10時間で体の脂肪や筋肉を分解しエネルギーとして使い出し、
16時間経った頃には、『オートファジー』という状態に入るんだそうです。

この『オートファジー』は
内臓の細胞が新しいものに生まれ変わっていく現象だそうですね。

この空腹状態をうまく使ってオートファジー現象を体に引き起こすことで、 株式会社体内の社員にリフレッシュ休暇を与えることができるということになります。

やってみたくなる空腹状態への挑戦

本の中では空腹状態にするための1日のサンプルスケジュールも作成してくれています。
是非読んでみてください。

そしてこの本を読み終わると、無性に

『断食』

がしたくなります笑

ということで、僕も毎週土曜日を断食デーとして、
昨晩(金曜日)の夜の食事を最後に24時間断食を決行することにいたしました。

今日がその最初の日になります。

自分自身も過去にはかなり飲んで食べてをしていたので、
体にかなり負担をかけていたなぁと反省です。

断食の結果についてはまたブログで報告したいと思いますが、
是非皆さんも断食。最低でも16時間の空腹状態を作ってみるのをやってみるのはいかがでしょうか😄

「空腹」こそ最強のクスリ

「空腹」こそ最強のクスリ

PVアクセスランキング にほんブログ村